脱毛症

脱毛症の原因と症状

脱毛症とは

髪があるべきところに髪がなくなり、皮膚が露出して見えるような状態を脱毛症と呼んでいます。

 

通常毛髪には寿命があり、一般的には1日に70から80本程度の抜け毛があります。何らかの理由で髪が一気に抜け落ちた状態がはげです。頭髪がまとまって抜けた時に起きるものです。

 

体毛は体じゅうにありますが、一般的には脱毛症は頭です。脱毛症の中には全身脱毛症というものがあり、体のあらゆる部分の毛が再生しない状態です。男性にありがちな症状だというイメージがある脱毛症ですが、脱毛症になるのは男性だけではありません。原因や症状によって、脱毛症は数パターンあります。

 

 

脱毛症のパターン

生まれたばかりの時には軟毛が生えていますが生後、2〜3ヶ月の間に抜けたまま生えてこない先天性脱毛症もあります。頭部に突然、円形の脱毛ができる円形脱毛症もよく知られる脱毛の症状です。

 

若い人になる壮年性脱毛症も存在します。年をとってから起きる脱毛には、40代以上の老人性脱毛症があります。

 

 

脱毛症の原因

神経症、うつ症状、ヒステリーなどメンタル面が原因で起きる抜毛症も脱毛症状として数えられます。病候性脱毛症という、病気や病気の薬が原因で起きる脱毛症もあります。腸チフスや糖尿病、抗腫瘍薬などが原因です。

 

 

育毛剤にはどんな種類があるのか