育毛剤 種類

育毛剤の使い分け―まず自分の髪、頭皮の状態を知る

頭髪で悩んでいる人にとって育毛剤は助けとなるのでしょうか。

 

たくさんの人が、髪が少なくなってきたことで困っているといいます。カツラの使用や増毛剤によるボリュームアップ、育毛剤の活用など、髪を多く見せる方法は色々あります。

 

たくさんの人が育毛剤などを活用して自分の髪を多くしたいという人は大勢いるようで、いろいろな種類の商品が販売されています。

 

ランキング形式で育毛剤をのせているサイトも存在しています。ランキングサイトで目立ちやすいのは、上位ランクの育毛剤ではないでしょうか。しかし、人気商品だからといって、育毛効果が高い育毛剤とは、必ずしもいえません。

 

自分自身の髪の毛の状態に適合した育毛剤を選ぶようにし、ランキングは参照するぐらいにしておきましょう。

 

ネットのランキングを参考にする前に大切なことは、まず薄毛の要因について自分自身で理解しておくことです。薄毛の原因に見合った育毛剤を選ぶことで、育毛効果を一層高めることが期待できます。

 

育毛剤の有効成分

いろいろと育毛剤には有効成分が入っているので、頭皮への影響は成分の比率によって異なるといいます。

 

男性ホルモンの働きを抑える

男性ホルモンを弱める成分を配合した育毛剤が男性の場合にはおすすめで、毛がまた生えてくるのを妨害する男性ホルモンの働きを抑えるのが目的です。

 

頭皮の血行をよくする

血行促進成分を用いた育毛剤は、頭皮の血行を促進し発毛に必要な栄養を毛根に届けやすくします。

 

皮脂を除去する

育毛剤の中でも多すぎる皮脂を除去する成分を使ったものを利用すると良いのは、毛根細胞が皮脂の過剰分泌によって破壊されてしまっているような場合です。

 

毛母細胞の代謝をよくする

毛母細胞とは、発毛のための信号を発する細胞で髪の毛の根っこ、根毛部分の細胞でこの毛母細胞が活性化することにより発毛に必要な物質が分泌されるようになります。