アルソック 料金

防犯対策の豆知識

ホームセキュリティーのシステム以外の豆知識

 

泥棒や空き巣ねらいが嫌がることをすれば要するに防犯対策になるわけですが、それは一体どんな対策でしょうか。

 

空き巣や泥棒が嫌がることを調べてみました。

 

 

1.近所の人の視線を嫌がる

悪いことは人がみていると出来ないものです。白昼堂々と歩けるなんの疚しいことがない人は、泥棒や空き巣などはやらないものですが、近所の人の視線んというのを一番嫌がるのは犯罪者です。ですから、防犯対策としての効果があるのは、近所付き合いでもあるんですね。

 

2.施錠が厳重なのがきらい

犯罪者は侵入するのに手間取るのを嫌います。例えば自転車の盗難はカギをダブルロックにしておくとかなり減るように、ホームセキュリティーを考えるならばドアのダブルロックもかなり有効な手段といえるでしょう。

 

 

3.番犬は今でも有効

最近は、ペットを買う人がかなり増えていますが、家の前に犬小屋があって、そこで犬を飼っているというのは、防犯上かなりの効果があります。ただ、最近は犬を室内で飼うことが多いようなのでホームセキュリティーとして、ペットの効果はイマイチかもしれません。

 

 

4.セコムやアルソックは効果あり

やはりホームセキュリティー対策がしているということがはっきり分かる家は犯罪者から見ても嫌な家です。アルソックやセコムがある家は、避けていく傾向があります。警備装置やシステムがあるのは嫌がるようです。

 

 

5.防犯カメラも効果あり

同じくホームセキュリティーの定番として、防犯カメラは有効です。犯罪の心理としてはやはり、セキュリティの弱いところを狙いたがる気持ちがあるのでホームセキュリティーがしっかりしているところは避けていく傾向があります。

 

 

6.防犯ガラスは嫌い

空き巣ねらいの6割がガラス窓を割ってから侵入するパターンです。ですから、防犯ガラスというのはかなりの効果が期待できます。ベランダの窓などに合せガラスが入っていると空き巣などは逃げていきます。

トップページ>>